So-net無料ブログ作成

今までにない殺陣に木村拓哉、肉欲求でやる気全開!撮影現場では何気ない心配りも [芸能]

 SMAP木村拓哉(41)が10日、主演するテレビ朝日開局55周年記念2夜連続ドラマスペシャル「宮本武蔵」(15日と16日、いずれも午後9時)の会見に出席した。

miyamoto-musasi-2.jpg


 剣豪宮本武蔵の生きざまを強さだけでなく、苦悩や弱さも織り交ぜて演じる。ワイヤーアクションなど激しい殺陣のシーンも見どころ。

 撮影は京都で行った。「アクションシーンの日になると、なぜか体が肉を欲して食事は肉率が高かった。共演者全員と肉を食べていました」。佐々木小次郎役の沢村一樹は「(木村は)肉を食べているせいか、朝からギラギラしていました」。お通役の真木よう子は「一番の思い出は木村さんと行った肉の店。すごくおいしかった」。吉岡清十郎役の松田翔太は「木村さんと食事には行けませんでしたが、現場で焼き肉弁当を食べました」。京都の食事は肉三昧だったようだ。

 木村は、殺陣などアクションシーンについて「カットがかからず、10分ぐらいやっていることもあった。今までの殺陣とは全然、180度違う」などと話した。

 会見には他に共演のユースケ・サンタマリア、香川照之も出席した。

<引用元 日刊スポーツ キムタク「180度違う」殺陣に肉欲求>

さて、ドラマスペシャル「宮本武蔵」ですが制作スタッフのブログによれば、撮影中に木村さんが頻繁に周囲のスタッフを褒めている姿が目撃されたそうです。

「衣裳の○○さんの知識力はすごい!」とか「美術の○○さんは本当に作法をよくわかっている」とか、細やかに、ちゃんとスタッフのことを見てくれているんですね。
<宮本武蔵スタッフブログ より>

すごくステキな話ですね。普通、社会に出ると、なかなか他人に褒めてもらえることって少なくなります。
知人にテレビ業界の人がいるんですが、作成の現場ってすごく厳しくてしょっちゅう怒られる人がいるそうです。
真剣勝負の職人気質の方が大勢いるそうです。怖いわ。ピリピリしてるんだろうなー。

そんな環境の中で木村拓哉さんの何気ない心配りって、スタッフさん達のやる気をばっちり引き出していたんでしょうね。さすがです。

テレビ朝日開局55周年記念2夜連続ドラマスペシャル「宮本武蔵」公式PVはこちらをクリック
↓↓↓↓↓↓
http://www.tv-asahi.co.jp/musashi/story/



SPONSORED LINK


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

/