So-net無料ブログ作成

SMAP解散の撤回!ジャニーズ事務所からの独立はなぜ失敗したのか? [芸能]

なぜSMAP解散&独立を撤回してジャニーズ事務所に戻ったのでしょうか?

SMAPが所属しているジャニーズ事務所はメディアに大きな影響力があります。 
しかし、SMAPの売上高は約200億円とこちらも強大。

企業CMのスポンサーも国民的アイドルグループSMAPの認知度が高く影響力が強いから契約しているはず。

所属事務所は気にしないのでは?
なぜ、解散&独立はできないのでしょうか......

考えられること

  1.メーカーに他のジャニーズ事務所所属のタレントを使わせない

  2.事務所所属のタレントも採用している企業があるのでスポンサーがつかない

  3.TV局に所属タレント出さない

  4.スポンサーがいないので巨大コンサート会場が借りられない

既存のメディアは使用できない。全部ダメ。

TVやラジオ、週刊誌などマスメディアといった多くの人に情報が流せない。


だったら、youtubeやSNSを使えば!?

国内では......

編集者やトレーナー、スタッフが業界から干されて得意先を失う。
PVのスポンサーがこちらもつき難いかもしれない。
ミニライブなら可能でも大ホールは借りられない可能性が大きい。
インターネットを見る人たちはテレビを見る人たちよりも少数。

結論

優れたコンテンツや商品を作れても、
商流とスポンサーが抑えられていると商売が回らないので話にならない

思いついた解決方法

  1.基本方針として国内はジャニーズ事務所の影響が強いので海外をメインに活動を行う

  2.今いるファンをコアにして出資者を募集をする。

  3.芸能活動で得た知名度や知識を使って商売をする。

  4.飲食店、ダンススクール、ダイエットジム、商品紹介業etc......

  5.インターネットを中心にコンテンツの海外展開をASEANで今まで以上に展開する

こんなところでしょうか? まんま下請け中小企業の海外戦略モドキになってしまいました。

取り敢えず、SMAPは元の鞘に戻ってジャニーズ事務所にいるようです。
ひと悶着があった後なので一旦、活動自粛になるのではないでしょうか?

テレビには出演したものの.......

騒動の後、SMAPのメンバー全員が出演しましたが、
SMAP立ち位置&コメント順に変化があって中居が端、木村拓哉がセンターになっていました。

どう見ても前途多難な感じしかしませんね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

北乃きいがまた太ったけど体重は? [芸能]

女優の北乃きいさんがまた太ったようだ、と話題になり北乃きいさんの体重はいくつ?
と沢山の人が注目しているようです。。
前も太ったというネタで注目された北乃きいさんですが真相はどうなのでしょうか。



さてさて、北乃きいさんの体重はいくつなのか!?


気になる、北乃きいさんの公表されているサイトにアクセスすると
現在公表されてる体系は

身長 157センチ 体重48キロ

スリーサイズ はB80-W61-H81

巷ではCカップって言われてるようですね。
あれ、普通ですね?北乃きいさんが太ったという情報がガセだったのでしょうか........

ところが、ネットでは熱愛報道や仕事等ストレスよる食べすぎで、50kg以上と言われているようです。

確かに、北乃きいさんは現在23歳という年齢で、体重の増減が激しい年齢ということもあるのかもしれません、以前足を怪我してしまったときも激太りしてしまっていましたよね。
それから元には戻ったものの、今年になってまた太ってしまったため今回注目を集めたようです。

北乃きいさんと言えば、14歳でモデルからデビューをされた現女優さんです。
そんな北乃きいはもう23歳になっているということで、芸歴も9年目となった中堅の女優さんです。
消えていく芸能人が多い中でもうすぐ10年目に突入です。素晴らしい才能ですよね。


中堅の女優さんだけあって、仕事が忙しくなって日々ストレスが蓄積されていったのでしょう。

太った北乃きいさんですが、やはり太る前の方が断然美人だと思います。

どうしても若い10代の写真と比較されてしまうでしょうが・・・・・・・

またドラマだけでなくZipに出演したりアメトークに出演したりと
ますます、活動されていますから今後も頑張って頂きたいですね。

『半沢直樹』続編・映画化は完全消滅!TBSに、堺雅人と事務所側が激怒 [芸能]

masatosakai0409.jpg


昨年、大ヒットした『半沢直樹』に主演した俳優の堺雅人さんが、今度TBSで始まる唐沢寿明主演のドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』にプライドを傷つけられ、同局への不信感が爆発しているそうです。


< 引用 はじめ>

昨年の大ヒットドラマ『半沢直樹』に主演し、低視聴率にあえぎ続けるTBSを救った堺雅人が、

今月27日から同局でスタートする唐沢寿明主演のドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』にプライドを傷つけられ

TBSへの不信感が増幅。『半沢』の続編と映画化の可能性が現時点では完全消滅したことが、

堺の所属事務所・田辺エージェンシー幹部への取材で明らかになった。


「TBSは『半沢』の続編をやるぞやるぞと煽っておきながら、その一方で、『半沢』と同じ枠の日曜劇場で、

同作品と同じく池井戸潤の企業小説を、唐沢主演でドラマ化。しかも制作スタッフは『半沢』と同じ。

これで堺に『半沢』の続編をやってくれと言われても、とてもやる気にはなりませんよ
(田辺エージェンシー幹部)

昨年7月から放送された『半沢』は回を追うごとに視聴率が上がり、最終回視聴率は42.2%を記録。

低迷するTBSの救世主となったことから、続編と映画化は確実視されていた。

また、TBSサイドも続編の情報をマスコミにリークして煽ったのだ。


 しかし、その後、筆者が田辺の幹部に取材したところ、堺の多忙ぶりもあり「『半沢』の続編は現状ない。

堺自身も、映画化にも興味がない」と状況が白紙であることがわかった。ただし「視聴者が強く望むなら、

いずれ続編もありうる」という話もしていた。また、TBSの意向も尊重する姿勢を見せていた。



 ところが、『半沢』で企業ドラマが視聴率を取れると味を占めたTBSは、臆面もなく、池井戸潤原作の

『ルーズヴェルト・ゲーム』を日曜劇場でスタートさせる。しかも、演出は福澤克雄、脚本は八津弘幸、

主要スタッフも『半沢』と同じ。さらに、同作品のテーマは社会人野球と企業再生という、

銀行を舞台にした勧善懲悪ものの『半沢』とは異なるものだが、プロモーション戦略などは、

あえて『半沢』を想起させるように行っている。

これは、その卓越した演技力でTBSの窮地を救った堺を、完全にバカにした話だ

『半沢』の功績とイメージを、TBSのエゴで安売りされているようなもので、

堺や所属事務所のプライドが傷つくのは当然である。TBSの節操のなさが、

『半沢』の続編映画化の実現を遠のかせた。

それだけに、『ルーズヴェルト・ゲーム』の高視聴率獲得への責任は、唐沢に重くのしかかりそうだ

<引用元 日刊サイゾー節操なきTBSに、堺雅人と事務所側が激怒!『半沢直樹』続編・映画化は完全消滅へ>

どうやら、昨年人気を博したドラマ「半沢直樹」の続編は・映画化は完全消滅したようです。

『続編がデルぞデルぞ』と期待していただけ、

とても残念でたまりません。久々に硬派なドラマを放送していたのに無くなってしまったなんて......。

堺雅人さんはその演技力もあってドラマだけでなく、ソフトバンクのCMやビールのCMなど多忙を極まる

活躍をされています。いつか、続編が作成されることを祈って今後も応援したいと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

マッチポンプに岡村隆史もあきれ顔?STAP細胞論文&ゴースト作曲批判に苦言 [芸能]

生物学の常識を覆す」と世界中を驚かせた「STAP(スタップ)細胞」論文に数多くの疑問点が指摘され、撤回も検討されているSTAP細胞論文騒動や、「全聾作曲家」として知られる人気作曲家・佐村河内守氏がゴーストライター利用を一部認めた別人作曲騒動などが相次ぎ、物議を醸している。


 一連の騒動をめぐり、論文の主要著者である小保方晴子氏(理化学研究所ユニットリーダー)や、全聾ではなく難聴であることを告白した佐村河内守氏を批判する報道が連日続いている。そうした中、3月14日1:00~放送のラジオ番組『ナインティナインのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)に出演したお笑いタレント・岡村隆史(ナインティナイン)は、集中砲火的に批判を浴びせるメディアの姿勢に対し、苦言を呈した。
 
 岡村はまず、STAP細胞論文騒動で小保方氏が批判を集めていることについて「なんとなしにショック。こっちも(嘘)?」と切り出すと、「大変やね。全部論文調べられて、コピペやコピペやって」と困惑の声を口にした。さらに、一斉に小保方氏への批判を強めるメディアに対しては、「持ち上げて叩く、総攻撃。怖いですね、なんか」と違和感を示した。

 続けて、別人作曲騒動についても言及し、「NHKが(佐村河内氏を)持ち上げたんちゃうんか?」と、同氏に密着取材し、同氏が礼賛を集めるきっかけのひとつとなったテレビ番組『魂の旋律~音を失った作曲家~』(昨年3月31日放送)の制作・放送元であるNHKを批判。そして、3月7日に同氏が行った記者会見を見た感想について「見ていて怖かったわ。(記者は)あんなにケンカ腰で、当たりキツイな。大人のイジメみたい、よってたかって、みんなで追いつめる。怖いな、マスコミって」と、過熱するメディアによる批判報道に懸念を表した。

 岡村は以前放送された『オールナイトニッポン』内で、テレビドラマ『明日、ママがいない』(日本テレビ系)が「差別を助長する」などとメディアや世論から強い批判を浴びた際も、『明日~』を擁護する発言を行っていたが、日頃から批判を浴びやすいバラエティー番組の第一線で活躍する岡村が、メディアによる一方的な批判報道に疑問を抱いている様子がうかがえる。

<引用元 biz-journal.jp岡村隆史、STAP細胞論文&別人作曲批判に苦言「持ち上げて叩く」「大人のイジメ」>

 最近、テレビの視聴率や雑誌の購買数などが落ちているせいか格好のおいしいネタにされているように見えます。事件が起きると、まず報道、途中経過、事件解決、その後の状態といった形でシナリオが出来上がるので、テレビ局的には嬉しいのかもしれません。

 有名にするのがマスメディアなら社会から排除するのもマスメディアなのかもしれませんね。毎回のことですが。

進撃のマツコ・デラックス!巨大胸像、新宿に現る。16日までの限定公開 [芸能]

新宿ステーションスクエアに出現!


タレントのマツコ・デラックスさんの実物大の約8倍となる巨大胸像が13日、JR新宿駅東口前広場の新宿ステーションスクエア(東京都新宿区)に出現した。撮影は自由で、手のひら部分に乗ると、マツコさん本人の声で話しかけてくる。16日までの限定公開。

WS0000192.jpg


 巨大胸像は、ヘアサロンなどの検索・予約サイト「ホットペッパービューティー」のプロモーションの一環として設置された。大きさは、高さ4メートル、幅7メートル、奥行き4メートル。「春こそイメチェン!」をコンセプトに、マツコさんが“美”のアドバイスをしたり、「よく乗ってくれたわね。恥ずかしかったでしょ? でも私も恥ずかしいのよ」と共感を寄せるなどの15パターンのせりふを語りかけてくる。“巨大マツコ”の左肩には、マツコさんと「ホットペッパービューティー」のCMで共演中の女優・戸田恵梨香さんの等身大オブジェが座っている。

 「巨大マツコ&等身大戸田恵梨香お披露目会」と題したこの日のイベントには、マツコさんのものまねで話題のお笑い芸人・北条ふとしさんがマツコさんに扮(ふん)し、お嬢様風や会社員風など10人の“イメチェンマツコ軍団”を引き連れて登場。一度だけ本人に会ったことがあるという北条さんは「また会いたいけど、何をいわれるか分かんないから怖い」と苦笑いだった。
<引用元 まんたんWEB [マツコ・デラックス]巨大胸像が新宿に出現! 16日まで限定公開>

『人物紹介』
マツコ・デラックス(男性、1972年10月26日 - )は、日本のコラムニスト、エッセイスト、女装タレント、司会者。

2000年頃から140×3のスリーサイズ・体重140kgを誇る巨体に女装するというスタイルでの活動を行い、そのキャラクター性を生かしたタレント活動を開始する。

2009年、フジテレビで自身初の冠番組『マツコの部屋』が開始

2011年、ラジオでも文化放送で冠番組『井筒とマツコ 禁断のラジオ』が開始。

同年9月からは、島田紳助の引退に伴い、日本テレビ『人生が変わる1分間の深イイ話』の実質的な後任「スペシャルコメンテーター」となる。

2012年4月、日本テレビ『三毛猫ホームズの推理』で連続ドラマ初出演


東海地域に住んでいるのでTV番組でしか見たことが無かったのに、いつの間にかスクリーンから飛び出して新宿に出現してるじゃないですか!?。

しっかし、インパクトがありますね。小さい子供が泣いてしまわないか心配です。

テレビでの露出がガンガン増えて活躍中のマツコ・デラックスさん。このまま映画版『進撃の巨人』のCMに出てみては如何でしょうか?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

雨上がり決死隊の宮迫博之が収録に霊体験 [芸能]

部屋を真っ暗にしてからお楽しみください。







 お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之が12日、都内で行われたTBS系バラエティー『噂の現場直行ドキュメン ガンミ!!』の収録後に取材に応じた。

421e5627.jpg


宮迫は、“恐怖体験”の話題が上ると「TBSの心霊番組の司会をやったときに霊媒師の方に『宮迫さんの右肩に女性の霊がいました』と言われた」と告白。さらに、「その収録中に右肩に電流が走って『痛っ!』ってなったことがある。実際にオンエアもされた」と“霊体験”を明かすと、怖がりの宮川大輔は本気で青ざめていた

<この人も…>SKE松井玲奈、霊感体質を告白「見える人なので…」

 同番組は、巷やネットで話題の現場に芸人たちがディレクターとして直行し、体当たりでレポートするもの。今回、深夜帯から特番で初めてゴールデンに進出した。小藪千豊は「深夜でやっていたことが、ゴールデンに行ったのは初めて」と“昇格”に大喜び。一方、紅一点の中村アンに対しては「もっと面白いこと言え!」「中村のことを好きになるわけがない」とキツく当たると、中村は「小籔さんに『おい、中村!』と言われるときが一番怖い」とタジタジだった。

 同特番は、16日後9時30分より放送。
<引用元インフォシーク 宮迫博之、収録中の“霊体験”告白「右肩に霊が…」>

脅かすのは楽しいですが、脅かされるのは嫌ですよ。首元がぞわぞわしてきて冷たい風が背中一面を覆うような気持ち悪さを感じます。特に赤い血糊が床にポタポタと垂れて血だまりが出来るなんて想像はしたくないもんですね。



あなたの肩にも何かがついてるかもしれません......

噂の現場直行ドキュメン ガンミ! 20140218 投稿者 oozawasatoruhttp://www.dailymotion.com/oozawasatoru
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

能年玲奈カルピスの新TVCMで芸能界入りの秘話を語る [芸能]

 12日、女優の能年玲奈が都内で行われた「カルピスウォーター」新TVCM発表会に出席した。

default.jpeg


 3年連続でカルピスウォーターのCMキャラクターを務める能年はCMと同じ自転車に乗って元気良く登場、「3年も続けさせていただいて嬉しいです。今日来る時も自転車に乗ってきたと言いたいですが、普段はあまり乗らなくてCM撮影で乗った時も久しぶりだったので良い運動になりました」とニッコリ。カルピスウォーターが大好きという能年は「普段からよく飲んでいます。どんどん好きになってきます」とPR。
          
 新CM「映画みたいな恋」編で青春映画のような甘ずっぱい恋のワンシーンを熱演した能年は「女の子はみんな、映画の主人公になりたいんじゃないかなと思います。私もそれをこじらせてこういうお仕事に就いたのかな」と自身の芸能界入りの秘話を語った。

 またCM撮影を振り返り、「撮影した坂道では、地鶏がヒヨコを3羽連れて歩いていてすごく可愛かったです」と笑顔で話した。新TVCM「映画みたいな恋」編は3月14日(金)より放送。
<引用元 リアルライブ 能年玲奈 芸能界入りの秘話を語る>

『人物紹介』
能年 玲奈(のうねん れな、1993年7月13日 - )は、日本の女優
兵庫県神崎郡神河町出身

2006年、ローティーン向けファッション雑誌『ニコラ』(新潮社)のモデルだった新垣結衣に憧れて第10回ニコラモデルオーディションに応募し、グランプリを獲得。

2010年、映画『告白』で女優デビュー

2012年、映画『カラスの親指』で、第37回 報知映画賞 新人賞を受賞

2013年NHK連続テレビ小説『あまちゃん』のヒロイン・天野アキ役に選ばれた。「東京ドラマアウォード2013」主演女優賞、第78回ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演女優賞、また劇中のセリフ「じぇじぇじぇ」は2013年「新語・流行語大賞」の年間大賞を受賞


3年連続のCM出演おめでとうございます!あまちゃんで大ブレーク中の能年玲奈さん。今回のTVCMでは春映画のような甘ずっぱい恋のワンシーンを熱演されました。発表会の中では『物語の主人公になりたかったから』と芸能界入りの秘話を語ってくれました。 今後の活躍からいっそう目が離せませんね!

あまちゃんで大人気の能年玲奈 カルピスウォーターcm3種
)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

【おくやみ】忍者ハットリくんのユメ子役 あきやまるなさん急性心不全のため死去 [芸能]

あきやまるなさん

71689d73.jpg

 「忍者ハットリくん」のユメ子役などで知られる声優のあきやまるな(本名・秋山照子=あきやま・てるこ)さんが8日、急性心不全のため死去した。59歳だった。

 所属事務所「81プロデュース」の公式サイトで発表された。「ここに生前中のご厚誼を深謝し、謹んでご報告申し上げます」としている。

 あきやまさんは1954年4月17日生まれ。東京都出身。声優として75年から活動。「それいけ!アンパンマン」のみるくぼうや、NHKの教育番組「ざわざわ森のがんこちゃん」のがんこちゃんなどを演じた。

 アニメ「スクライド」のストレイト・クーガー役などで知られ、同じ事務所の声優・津久井教生(52)はツイッターで「30年以上のお付き合いで、ちょっと前に談笑したばかりで…信じられない感じです…心よりご冥福を申し上げます」と悼んだ。
<引用元 スポニチアネックス>

『人物紹介』
あきやま るな(本名:秋山 照子〈あきやま てるこ〉、1954年4月17日 - 2014年3月8日)は日本の女性声優
81プロデュース所属。かつてはぷろだくしょんバオバブに所属していた。旧芸名は、本名のほか、秋山 るな(あきやま るな)、あきやま ひかり。 2014年3月8日に急性心不全のため死去。59歳。

1981年 忍者ハットリくん(ユメ子)

2000年 とっとこハム太郎(キジくん)

2001年 アークエ・ファミリー(アーマ)

2002年 キ・ファイターテラン(チチア)

2003年 ボボボーボ・ボーボボ(しじみ弟)

2004年 アークエとガッチンポー(アーマ)

2005年 アークエとガッチンポーてんこもり(アーマ

小学生のとき忍者ハットリくんの再放送がされていたので、今回のニュースはとてもショックです。
子供のころよく再放送されたものやレンタルしたビデオを見ていました。

経歴を見てみると70年代から活躍されていて日本のアニメ界を黎明期の頃から支えてこられたようです。

ご冥福を心からお祈りします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

人気者も大変だ。Sexy Zone・中島健人が明学大の客寄せパンダに [芸能]

 昨年の紅白にも出場したジャニーズのアイドルグループ・Sexy Zoneの中島健人が通う明治学院大学の志願者数が急増していると、11日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)が報じている。

uimage.jpeg


 中島は、この春で3年生に進級。記事によれば、「後輩になりたい!」という女性ファンが増えたことで、同大学の志願者は今年、昨年比6.5%以上、1,500人以上の増加がみられたという。さらに、中島と同じ学科には、定員100人のところ1,300人以上の応募があり、その大半が女性だったと伝えている。

 ジャニーズに限らず学生のアイドルの多くが、以前から学校周辺や通学路で待ち伏せされるなど、ファンの迷惑行為が問題となっている。だが、ファンが同じ学校に入学してしまえば、キャンパス内でのプライベートは“見放題”となるだろう。

「中島をはじめ大学に通うジャニーズのほとんどが、同級生などに隠し撮りされており、その画像がネット上に流出している。しかし中島本人は、14年度版の大学パンフレットの在学生紹介コーナーに堂々と登場。もはや諦めているのか、周りの目は気にしちゃいないという様子です」(芸能ライター)

 ジャニーズといえば、Hey!Say!JUMPのメンバー数名が堀越高校に通っていた頃、高校の周辺でファンが迷惑行為を繰り返したとして、ジャニーズ事務所関係者が学校から呼び出される騒ぎが起きている。

「その際ジャニーズ事務所は、携帯公式サイトの登録者全員に宛て、『この様なことでは、メンバーがファンの為に学校を辞めざるを得ない』などと、切羽詰った内容のメールを送るという、異例の対策に出ている。また、ジャニタレが多く通う都内私立高校には、私物を盗むためにファンが校舎に侵入し、問題になったことも。さらに、同級生をハニートラップにはめて、ジャニタレの私物を盗ませるケースもあったようだ」(同)

 少子化などの影響で、懐事情は深刻といわれている私立大学。学校側としては、“客寄せパンダ”として絶大な効果を上げるジャニタレの入学は、大歓迎といえるのかもしれない。

<引用元日刊サイゾージャニーズが大学の客寄せパンダに……Sexy Zone・中島健人の明学大に志願者殺到中>

さすがはジャニーズ! 人気者ですね〜。プライベートって無いみたいですね。お疲れ様です。もう開き直って大学の広報活動の一貫としてツアーを組んじゃえば良くないか?なんて思っちゃいました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

黒木華が吉高由里子を“食っちゃう”!?『花子とアン』のヒロインは誰だ? [芸能]

吉高由里子さん目から何かが出てませんか?

 今月31日スタートのNHK連続テレビ小説『花子とアン』でヒロインを演じる吉高由里子が、撮影現場で“ピリピリしている”と、「女性自身」(光文社)が伝えている。

 同ドラマは、明治から昭和の混乱期に翻訳家として活躍した村岡花子の生涯を描いた伝記作品。『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)などの中園ミホが脚本を手がけ、『あまちゃん』や『ごちそうさん』に続くヒットが期待されている。

ヒロインを演じる吉高由里子さん

photo_01.jpg


 記事によれば同作は、花子(吉高)の妹・かよ役を演じる黒木華が、2月に映画『小さいおうち』でベルリン国際映画祭の最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞して以降、黒木の出演シーンが急増。そんな周囲の変化を感じてか、最近の吉高は現場でイライラしていることが増え、時には「ニッコリしてください」と指摘したスタッフに対し、「笑ってるよ!」と突っぱねる一幕もあったという。

 黒木といえば、『小さいおうち』で昭和の女中役を演じ、主演の松たか子を“食った”ともいわれている。古き良き日本女性の家事の所作を丁寧に演じ、名匠・山田洋次監督からも「日本一割烹着の似合う女性」とのお墨付きを得ている。

日本一割烹着の似合う女性の黒木華さん

黒木華3.jpg


 『花子とアン』で黒木が演じるかよは、家計を助けるため製糸工場に住み込みで働き、後に東京の出版社で働く花子と同居する人物。ヒロインと絡むシーンも多そうだ。

「同作のヒロインは吉高ですが、一応“Wヒロイン”ということで、仲間由紀恵の出演も決まっている。さらに黒木の演技も注目されるでしょうから、吉高が仲間や黒木に“持っていかれる”可能性も。その点は、ヒロインが明確だった『あまちゃん』や『ごちそうさん』とは、勝手が違うといえるかもしれない。また、『花子とアン』の後に放送される『マッサン』が、初の外国人ヒロインということで、早くもマスコミは米女優・シャーロット・ケイト・フォックスに注目。週刊誌などもこぞって彼女の素顔を取り上げており、話題的に吉高が“おいてけぼり”をくらっている感も……」(芸能ライター)

 吉高は、昨年出演した『ガリレオ』(フジテレビ系)以来、1年ぶりの連ドラ出演。同作で演じた岸谷美砂という役が、ネット上で「ムカツク」「ウザイ」などと大バッシングを受けたこともあり、次の国民的ドラマでは、なんとしても支持を集めたいところだろう。

 黒木が脚光を浴び、次回作の外国人ヒロインが話題となっている今、吉高の心中は「主役は私よ!」といったところだろうか?
<引用元 日刊サイゾー「また黒木華が主演女優を“食っちゃう”!?」『花子とアン』ヒロイン・吉高由里子のイライラ絶頂か>

『人物紹介』

吉高 由里子(よしたか ゆりこ、1988年7月22日 - )は、日本の女優

2006年、映画『紀子の食卓』でデビューし、第28回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞受賞

2009年10月、フジテレビ系月9ドラマ『東京DOGS』のヒロインに抜擢される。

2010年7月、日本テレビ系『美丘 -君がいた日々-』で地上波連続ドラマ初主演

2013年に出演した映画・横道世之介で第68回毎日映画コンクール助演女優賞などを受賞

黒木 華(くろき はる、1990年3月14日[1] - )は日本の女優。大阪府出身

2012年以降は『おおかみこどもの雨と雪』で声優初挑戦

2013年には連続テレビ小説『純と愛』、『リーガルハイ』第2シリーズなどのテレビドラマでレギュラー出演
日本の主要映画賞で計7つの新人賞を受賞

2014年には『小さいおうち』で第64回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を、日本の女優として左幸子、田中絹代、寺島しのぶに次いで史上4人目の受賞を果たした。

え〜。世界の黒木華 VS 一年ぶりの連ドラ出演の吉高 由里子。『花子とアン』の後に放送される『マッサン』では初の外国人女性がヒロインといった状況で完全に話の中から吉高 由里子さんがおいてけぼりを食らってます。
ガリレオでは岸谷美砂役で大バッシングされていましたけど、あくまで役柄のせいだと思うので今後も頑張ってもらえたら『いいね!』と思います........


「花子とアン」主な出演者が知りたい方はこちらをクリック
↓↓↓↓↓↓
http://www9.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1000/167708.html





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

/