So-net無料ブログ作成

嵐・櫻井翔 ファン少年の死が現在の「仕事観」の原点になる [芸能]

3月21日より全国東宝系で公開される映画『神様のカルテ2』。その映画に主演しているのが嵐の櫻井翔(32才)だ。今回、その櫻井がデビュー当時のこと、東日本大震災、そしてこれからの人生について赤裸々に語ってくれた。

sakuraisho.jpg


3月21日より全国東宝系で公開される映画『神様のカルテ2』。その映画に主演しているのが嵐の櫻井翔(32才)だ。今回、その櫻井がデビュー当時のこと、東日本大震災、そしてこれからの人生について赤裸々に語ってくれた。

 ジャニーズJr.として活動していた17才の初秋、嵐のメンバーとしてデビューが決まった。それは、突然訪れた人生最初の岐路だった。櫻井が当時を振り返る。

「共に過ごしてきた仲間たちと離れるのは、不安でしかなかった」(櫻井・以下「」内同)

 その仲間たちが、大学に進学し、やがてスーツを着て就活に入ると再び不安と焦りに怯えたという。

「誰もが60才くらいまでの人生を見通すなか、ぼくは来年のことも見えなくて…」。

 逡巡を繰り返しながら、立ち止まることなくここまで歩き続けた。デビューしてまもない頃、櫻井の迷いを断ち切らせる出来事があった。それは、櫻井を病床から応援する、ある少年との悲しい別れだった。

「その子が入院する病棟の天井には、嵐のポスターが貼られ、嵐の音楽を聴くと心電が振れるほど大切な存在に思っていてくれたそうです。ツアーが終わったら会いに行こうと思っていたのに、叶わぬまま帰らぬ人となってしまって…そのとき、原体験としてぼくの仕事が人のためになれるんだって痛感したんです。誰かのために何かをできる職業って素晴らしい。その喜びは何ものにも代えがたい」

 そしてその思いは東日本大震災を機にさらに大きくなった。

「東日本大震災の被災地では、ぼくらの音楽を聴いて、今日を頑張れる人がいると聞いて。時を経て、被災地だけでなく、応援してくれる人の思いのすべてを、背負い込めるだけ背負い込もうと誓ったんです」

 最後にこれからの人生、どんなふうに生きていきたいのかを聞いてみた。

「早く30才になりたいってずっと思ってたんだよね。30才になった瞬間に大人になれるイメージがあったんだけど、2年経ってみてようやく始まった気がする。50代、60代はカッコよくありたいなと思う。ビジュアル的なことではなくてね。その準備を今しているところ。50才になったら、奥さんも子供もいるかも…いないかもしれないけどね(笑い)」

<引用元 NEWS ポストセブン>


『人物紹介』

櫻井 翔(さくらい しょう、1982年1月25日[1] - )は、日本のタレント、歌手、俳優、司会者、キャスターであり、男性アイドルグループ・嵐のメンバーである。東京都出身。ジャニーズ事務所所属

慶應義塾大学経済学部卒業。
慶應義塾大学在学時での第二外国語はスペイン語を履修していたため、スペイン語でラップの歌詞を書いている

2010年2月、日本テレビ『2010バンクーバーオリンピック』スペシャルキャスターを務める。

2012年7月、日本テレビ『2012ロンドンオリンピック』メインキャスターを務める。

2013年7月27日、映画『謎解きはディナーのあとで』のインターナショナルプレミアが、シンガポールの複合施設マリーナベイ・サンズで行われた。

2014年2月14日、ORICON STYLE『恋人にしたい男性有名人ランキング』2連覇を達成した

誰かのために何かをできる職業って素晴らしいですよね。もう会えなくなる人も居るかもしれませんが、 ファンのためにも、いつまでも太陽な存在でいて欲しいですね。 これからも櫻井翔さんの活躍に目が離せません。


映画 神様のカルテ2の記者会見『櫻井翔&宮崎あおい』

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

今までにない殺陣に木村拓哉、肉欲求でやる気全開!撮影現場では何気ない心配りも [芸能]

 SMAP木村拓哉(41)が10日、主演するテレビ朝日開局55周年記念2夜連続ドラマスペシャル「宮本武蔵」(15日と16日、いずれも午後9時)の会見に出席した。

miyamoto-musasi-2.jpg


 剣豪宮本武蔵の生きざまを強さだけでなく、苦悩や弱さも織り交ぜて演じる。ワイヤーアクションなど激しい殺陣のシーンも見どころ。

 撮影は京都で行った。「アクションシーンの日になると、なぜか体が肉を欲して食事は肉率が高かった。共演者全員と肉を食べていました」。佐々木小次郎役の沢村一樹は「(木村は)肉を食べているせいか、朝からギラギラしていました」。お通役の真木よう子は「一番の思い出は木村さんと行った肉の店。すごくおいしかった」。吉岡清十郎役の松田翔太は「木村さんと食事には行けませんでしたが、現場で焼き肉弁当を食べました」。京都の食事は肉三昧だったようだ。

 木村は、殺陣などアクションシーンについて「カットがかからず、10分ぐらいやっていることもあった。今までの殺陣とは全然、180度違う」などと話した。

 会見には他に共演のユースケ・サンタマリア、香川照之も出席した。

<引用元 日刊スポーツ キムタク「180度違う」殺陣に肉欲求>

さて、ドラマスペシャル「宮本武蔵」ですが制作スタッフのブログによれば、撮影中に木村さんが頻繁に周囲のスタッフを褒めている姿が目撃されたそうです。

「衣裳の○○さんの知識力はすごい!」とか「美術の○○さんは本当に作法をよくわかっている」とか、細やかに、ちゃんとスタッフのことを見てくれているんですね。
<宮本武蔵スタッフブログ より>

すごくステキな話ですね。普通、社会に出ると、なかなか他人に褒めてもらえることって少なくなります。
知人にテレビ業界の人がいるんですが、作成の現場ってすごく厳しくてしょっちゅう怒られる人がいるそうです。
真剣勝負の職人気質の方が大勢いるそうです。怖いわ。ピリピリしてるんだろうなー。

そんな環境の中で木村拓哉さんの何気ない心配りって、スタッフさん達のやる気をばっちり引き出していたんでしょうね。さすがです。

テレビ朝日開局55周年記念2夜連続ドラマスペシャル「宮本武蔵」公式PVはこちらをクリック
↓↓↓↓↓↓
http://www.tv-asahi.co.jp/musashi/story/

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ロンブー淳、ビットコイン消失に落胆「仮想通貨に夢見てしまった」 [芸能]

お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳が10日、都内でバラエティー特番『おカネさま! お金に好かれる秘密大公開SP(仮)』(読売テレビ・日本テレビ系)の収録後に取材に応じた。

58402fe1-s.png


番組名にちなんで“お金”の気になることを聞かれた淳は、「俺、ビットコインでやられているので、それですかね」と言葉少なに落胆していた。

 淳は、以前に自身が企画するWebマガジン『淳の休日 気ままに現場主義』でビットコインを購入。「新しい仮想通貨に夢見てしまった」とショックを見せるも、「まだ夢を見続けています」と諦めきれていない様子だった。

 同番組では、淳のほか辛坊治郎キャスターがMCを務める。ちょっとしたアイデアで巨万の富を得たり、1つの歯車が狂って天国から地獄へ叩き落とされたりとお金絡みのドラマチックな人生を紹介していく。
4月3日午後9時から放送。

<引用元 ORICON NewS inc>

『人物紹介』
田村 淳(たむら あつし、1973年12月4日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、ロンドンブーツ1号2号のボケ担当だが、近年はツッコミ担当をしている。

幼少期から目立つことが好きで、幼稚園の学芸会ではダダをこねて主役を譲ってもらったり、中学校のバスケ大会で入場時のプラカード持ちをキャプテンから代わってもらったりしていた。

中学・高校時代は当時の人気ラジオ番組『PAO〜N ぼくらラジオ異星人』(KBCラジオ)の常連リスナーだった。また、『HiHiHi』(RKBラジオ)のリスナーでもあった。

高校時代はクラスメイトと「馬関(うまのせき)ふぐの助・ふぐ太郎」と言う漫才コンビを組んでいた。また、並行してJUN SKY WALKER(S)のコピーバンドを結成したり、「ジャスティス」というバンドを組んで音楽活動もおこなっていた。

1998年頃に『暴ロンブー』の企画で霊能力者に「髪を赤くしたら売れる。しないと、トラックの運転手になってしまう。」とのお告げを受け、髪を赤く染めた。

2005年頃、ドラえもんの声優が代わることに伴うオーディションがあると知った淳は、自分に似ていると自負していたスネ夫の声を録音して送ったことがある。だがスタッフが淳の声ではないかと吉本に連絡、吉本はこれを認めなかったため、淳のスネ夫は幻となった。

2009年に野菜ソムリエの資格を取得、テレビ番組では同年11月24日にフジテレビのカスペ!「芸能人こだわり王講座 イケタク」で初めて発表した

2013年9月17日、元ファッションモデルの香那と入籍。MCを務める『ロンドンハーツ』で発表したいという本人の思いから、入籍当日に別企画を放送する名目で3時間生放送スペシャルの枠を設け、放送開始直後に発表した。


ロンブー淳さんも、ビットコインに手を出していたんですね〜。ご自身のTwitter上で「俺のビットコインどうなるんだろうか..」と投稿し、複雑な心境を明かしています。10万円ほど購入されている様ですが額が少ないことが不幸中の幸いだと思います。

番組の広告だったみたいですね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

山本高広、猫の日に松本真央似の美人な一般女性と結婚!最近、名前聞いてないけど大丈夫? [芸能]

俳優・織田裕二の物まねで知られるお笑いタレント・山本高広(39)がかねてより交際していた一般女性(26)と結婚していたことが10日、わかった。所属事務所がFAXで発表した。山本は、2月22日午前2時22分に、都内の区役所で婚姻届を提出した。

m09-0290-140217.jpg


現在は同居しているといい、山本はお相手について「笑顔の絶えない年下の女性です。猫が大好きだって言うのもあって猫の日に入籍しました」と報告。出会いについては「友人の食事会で知り合い、約1年の交際を経て結婚致しました」と喜びを綴っている。

 今後については「これからもモノマネ界を引っ張っていけるような芸人を目指し、頑張って行きたいと思いますので、応援よろしくお願い致します」と気持ち新たにしている。また、夫人は妊娠していないという。

<引用元 ORICON STYLE>

結婚相手の一般女性ですがフジテレビで活躍されている松村真央さんに似ているそうです。

m_20101127_1679413.jpg

『人物紹介』

山本 高広(やまもと たかひろ、1975年2月19日 - )は、日本のものまねタレント、お笑い芸人。

福岡県北九州市出身。ワタナベエンターテインメント所属。身長162cm。血液型はA型。
戸畑中央高等学校(後の福岡県立ひびき高等学校)出身

ホテル勤務を経て芸能界入り。2011年現在はショーパブを辞め、芸能活動に専念している。

料理が得意で、芸人デビュー前はリーガロイヤルホテル小倉内の中華料理店に勤務していたことがある。エビは大好物だが、エビアレルギーを持っているため、自分で殻を剥くことができない。

2008年5月2日、日本テレビ系列『太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。』で弁護士・住田裕子から「織田さんからクレームはないのですか?」と訊かれたのに対し、山本は「まったくないです」と答え、住田は「織田さんって心の広い方なんですね」とコメントするやりとりがあった。なお織田本人は「僕は笑えない。見ていると(山本がこのまま食べていけるのか)心配になっちゃいますよ」というコメントをしている

2008年10月28日放送の『ロンドンハーツ』のドッキリ企画では、仕掛け人のスタッフが馴れ馴れしくかつ失礼な振る舞いで「織田裕二の物まねを教えて欲しい」と要望、それに対し山本は文句一つ言わず懇切丁寧に教え、さらに携帯電話の番号を尋ねる無礼な行動にも躊躇なく番号を教示するなどし、スタジオ出演者から人当たりの良さに高評価を受けていた。

最近、名前聞いてないな〜と思ってえばイキナリ結婚のニュースで驚きました! 結婚されたなら今後の生活のためにもたくさん営業をされるはず。再びブームが来るかもしれませんね。 これからの更なる活躍に期待しています。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

パクリだよ!全員集合。J-POPヒット曲ここ20年似たものばかり=だって売れるんだもん [芸能]

 桑田佳祐や長渕剛など有名歌手の作詞作曲方法を“マネて”、いかにも彼らが歌いそうな架空の曲を歌う“作詞作曲モノマネ”で注目を集めているマキタスポーツ(44才)が、『すべてのJ-POPはパクリである』(扶桑社)を上梓した。

693083ea43e5ca2765bed6.jpg


 音と笑いを融合させた独特なミュージシャンでありながら、2012年には『苦役列車』で俳優デビュー。NHK連続テレビ小説『あまちゃん』にも、少しだけ登場し話題を呼ぶなど、その幅広い活動ぶりに期待が高まっている。

 2001年より『マキタ学級』というバンドを率いて、音楽活動を行ってきた彼は、自らを“構造分析フェチ”と呼ぶ。

「“なぜこれは、こうなっているのか?”と思うと、徹底的に考えちゃうんです。そういう性質なんでしょうね」(マキタスポーツ・以下「」内同)

 そんな元来の思考回路を駆使し、法則を導き出すフェチ気質を生かして、過去30年間に及ぶ膨大な数のヒット曲から、J-POPの構造を細かに分析した本書は、なんとも挑発的なタイトルだ。

「“あの曲は、この曲のパクリだ”“この部分はあの歌のここにそっくりだ”といった論争が、ネットなどを中心に繰り返されていますが、そんなレベルではなく、私があえて言いたかったのは、ほぼすべてのJ-POPには元ネタがあり、そこから引用して再構成している、ということです」

 山梨県のとある町で、体操着やジャージーなどを扱う地域密着型スポーツ店「マキタスポーツ」の次男として生まれ育った著者。

「ぼくはわんぱくな田舎の子で、ピアノを弾いているような奴をバカにしていたのが、中学生になってからギターを始めたわけです、モテたい一心で。当時、ギターを教えてくれていた兄の友人から、長渕剛さんが教えるギターの弾きかた講座のカセットテープを借りて聞いたら、長渕さんが、ボブ・ディランや吉田拓郎さんの弾きかたの癖を分析し、彼らのマネをしてギターを弾いていたんです。それに衝撃を受けて、“そうか、マネをするには、分析が必要なんだ”と気づいた。この経験がぼくの原点です」

 東京の大学を卒業後は、実家のある山梨県へ戻り、地元のモスバーガーに就職。副店長になるも半年で退社。周囲は反対したが、なぜか“きっとオレの才能は認められる”という根拠のない自信があったという。

「中学3年の頃から、友達に“作詞作曲モノマネ”のネタを見せるとウケていましたし、ぼくは歌も歌えて楽器も弾ける。だからなんとなく、“芸能界にいつか行くんだろうなぁ”と思っていた。田舎の青年にありがちな話ですが。それで、東京に出れば、誰かに発掘されるだろうというシンデレラストーリーを期待して23才の時、再び上京。でも、当然のごとく、バイトに明け暮れているだけの自分には、誰も声をかけてくれるわけがない。気がつけば27才。そこでやっと、“このままでは誰も発見してくれない”と気づいたんです」

 一念発起した彼は、ネタを作り、舞台に上がり、ピン芸人として活動を開始。前述のように2001年より『マキタ学級』というバンドで音楽活動も始め、本格的に歌と笑いを融合したネタを発表するようになる。そのネタ作りの過程で、前述のように彼は音楽のひとつの本質に気づく。

「“J-POPは、似たような曲ばっかりだ”といわれますが、まさにその通り、ということです。ここ20年のヒット曲は、どれも似たようなフレーズを使ってばかり。例えば、毎年2月頃になると、歌詞に“桜”が入った曲をよく耳にします。“またかよ”とそのたびに苦笑していましたが、考えてみたら桜の他にも翼、扉、奇跡、夢、永遠、ありがとうなど、20種類弱の定型句が使い回されていた。これでは似ないわけがない」
<引用元 NEWS ポストセブン J-POPヒット曲 桜、翼、扉などここ20年似たフレーズが多い>


【人物紹介】
マキタスポーツ(1970年1月25日は、日本のお笑い芸人、ミュージシャン、俳優。本名は槙田雄司(まきたゆうじ)。

山梨県山梨市出身。山梨県立日川高等学校、国士舘大学卒業。

大学卒業後、実家山梨に戻り、モスバーガーの副店長として勤務するも半年で退社。

フリーター生活を経て、28歳のときに芸人デビュー。

浅草キッドが主催していたライブ「浅草お兄さん会」でデビューし、第5代チャンピオンとなる

ハチミツ二郎(現:東京ダイナマイト)とインディーズ事務所・トンパチ・プロを立ち上げるも、2年ほどで解散。

R-1ぐらんぷり2011で準決勝進出。

2012年1月20日には、TBSテレビ『中居正広の金曜日のスマたちへ』に出演。
音楽研究家として過去30年間のヒット曲から「ヒット曲の法則」を分析し、その法則に則り制作した、
「十年目のプロポーズ」を発売

最近は俳優として映画・ドラマ出演も行っており、映画『苦役列車』で
ブルーリボン賞新人賞・東京スポーツ映画大賞新人賞を受賞



いや〜マキタスポーツさんも人が悪い。パクリだなんてそれを言っちゃあお終いよ。
だってみんな考えることはだいたい同じなんだもん。

さて、まじめに考えると『翼、扉、奇跡、夢、永遠、ありがとう』ってここ20年ばかりの平成不況からの脱出。
私達、一人ひとりが現状の鬱屈した環境から出て行きたい開放されたいって思いが募ってるんじゃないでしょうか?
バブル世代のバンドは元気がなくなった日本に対して嘆きを表すし、その次のバブルジュニアのバンドは
鬱屈のど真ん中なので『翼、扉、奇跡、夢、永遠、ありがとう』というフレーズがたくさん出てくる。
それに、みんなが共感して曲が流行っても何も不思議じゃないよね。

もちろん、音楽で商売をしようとするのだから売れる曲を作ろうとするのは当然。娯楽を商売にするのだから
みんなにより受け入れられやすい商品を作るのは商業行為上しかたがない部分があります。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

本田翼が女優業から撤退!?佐々木希の二の舞を演じぬためにも… [芸能]

4日にアニメ映画『鷹の爪7~女王陛下のジョブーブ~』の公開アフレコに参加した本田翼(21)。

hondatubasa.jpeg


今回が声優初挑戦となる彼女だが、「ナレーション」「ヒロイン」「社長秘書」「花屋(男)」「カレー屋(男)」「記者A」「ハンドドライヤー」という1人7役を熱演したという。

現在、8社のCMに出演し、ドラマや映画などでも見かける機会が多い彼女だが、
声優としても新しい境地を切り開いている様子。その一方で、本田は徐々に女優からタレントにシフトしているとも伝えられている。

 というのも、彼女が昨年出演した『ショムニ2013』(フジテレビ系)で“ショムニ組の洗礼”があったことに
起因する……という。放送当時、ショムニメンバーで『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)に出演した際、
本田は共演者であった江角マキコ(47)に「人の話はまず聞かない、目上の方にタメ口、帽子やメガネを
全部忘れて帰る」とツッコまれ、ベッキー(29)には「台本も読んでこない」との指摘を受けたという出来事があり、このハッキリした指摘に本田はひどく落ち込んでいたのだそうだ。ベッキーや江角にしてみれば、当たり前のことを指摘しただけだが、すでにモデル・CMガールとしては高い人気を誇っていた本田だけに、チヤホヤされる環境で天狗になっているところがあったのかもしれない。


 デビュー前に一日で7人からスカウトされたという逸話を持つ本田は、ファッション誌「SEVENTEEN」(集英社)、「non-no」(同)、「ラブベリー」(徳間書店)のモデルとして活躍し、11年頃からテレビへの露出が急増。
翌12年には映画『FASHION STORY-Model-』にて主演を果たし、女優活動を本格化してきた。

しかし、肝心の演技力はまだまだで、「可愛いだけで演技は下手くそ」状態だ。それでも諸先輩の懐に飛び込むのが上手く、現場で可愛がられて重宝されるタイプの新人女優もいるが、芸能界での上下関係に対応することも苦手なお姫様タイプだとすると、脇役でキャリアを積む女優業よりは、
常に主役でいられるモデル業の方が向いているだろう。


 本田のようにモデル出身で女優活動をスタートさせる芸能人は多い。米倉涼子(38)や香里奈(30)はその成功例ではないだろうか。なお、当然ながらモデルで成功したからといって女優として通用するわけではなく、早々に女優業から撤退するケースも珍しくない。


 モデルとして絶大な人気を誇っていたエビちゃんこと蛯原友里(34)はその筆頭格。彼女は『特命係長・只野仁』(テレビ朝日系)や『サラリーマン金太郎4』(TBS系)等、2000年代初期は度々ドラマに出演していたが、その演技力には「学芸会レベル」「バカっぽい」との批判的な声が多く、昨今では女優業に消極的。

 また、同じくモデル出身で2012年には「世界で最も美しい顔100人」に選出されたほどの美貌で知られる佐々木希(26)も、女優としての評判はひどい。業界内では「セリフが覚えられない」「台本の漢字も読めない」などと囁かれつつも、今冬に公開予定の映画『さいはてにて-かけがえのない場所-』にも出演しており、継続して女優の道を進んでいるようだ。ドラマや映画に出る度、「ルックス以外取り柄がないと揶揄されることもある彼女だが、その汚名をそそぐ日はいつになるのだろうか。

 どんなに美しくとも、女優として活動する以上は演技がダメなら扱き下ろされてしまうのが
芸能界。

佐々木のように後戻りできなくなってしまう前に、本田は自分の進むべき方向を見極める方がいいかもしれない。
<引用元 女子の素直な“ウラの欲望”に迫った本音情報サイト- messy /メッシー>

【人物紹介】
本田 翼(ほんだ つばさ、1992年6月27日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、タレント

2006年中頃の同日に、当時の所属事務所であったスプラッシュに、それぞれ別々の7人からスカウトされる。

2006年にファッション雑誌『SEVENTEEN』の専属モデルとしてデビュー。

2007年からは『ラブベリー』の専属モデルに転籍した。

2010年1月からは『non-no』の専属モデルとなり、現在に至る。

2011年8月25日放送の『明石家さんまのずっとあなたが好きだった』(TBS)に藤森慎吾(オリエンタルラジオ)の好きな人として出演した事をきっかけにテレビへの露出が増えた。

2012年には『恋愛ニート〜忘れた恋のはじめ方』でテレビドラマ初レギュラー出演、映画『FASHION STORY-Model-』で映画初主演・初出演を果たすなど女優業を本格化させたほか、同年4月よりトーク番組『A-Studio』で4代目アシスタントを1年務めた。

芸能界って怖いデスネ。今までずーっと祭りの神輿だったのにいきなりガチンコの実力勝負になるのですから。 でも、本田翼さんは女優業に関してはまだまだこれから。これから、どんどん演技力が磨かれていくかもしれません。

【TNS動画ニュース】本田翼、声優初挑戦で七変化! アニメーション映画「鷹の爪7」





最近テレビ出演していない戦場カメラマン渡部陽一さんの今 [芸能]

「戦場カメラマンの一番の願いは失業することだ」――。取材中に戦地で散った写真家、ロバート・キャパ(享年40)の名言である。

 ウクライナ・クリミア半島、シリア、中国雲南省、北朝鮮……。世界のあちこちでキナ臭さが増している。危険を覚悟で現地を取材するジャーナリストの仕事の重みも増すが、日本で一番“有名”な戦場カメラマンといえば渡部陽一氏(41)。

watayou.jpg


 3年ほど前にタレントとしてブレークすると、テレビ出演が激増。「笑っていいとも!」(フジテレビ系)のレギュラーにもなった。最近はテレビで見る機会がめっきり減ったが、やはり戦場カメラマンの血が騒ぎ、ウクライナや中国に行っているのだろうか? 所属事務所に聞いてみると……。

「昨年はシリアやアフガニスタンに行って、本来の取材活動もしていますが、今は日本にいます。主に小学校、中学校、高校や企業で講演会をやっているんです。現地で見たこと、聞いたこと、各国の文化を伝えています。東京だけじゃなく、日本全国を回っています。写真展をやったり、一時期に比べたら回数も減りましたが、スケジュールが合えばテレビにも出ると思います。まあ、なかなか合わないですが。今の仕事の割合は講演会が多いと思います」

 世界の紛争地域の「今」を写真に収めるのが戦場カメラマンの本分だが、渡部氏は講演会で「安全最優先で動いています。家族が第一、仕事は第二」と話している。

渡部 陽一(わたなべ よういち、1972年9月1日 - )は、日本の戦場カメラマン、フォトジャーナリスト、タレント。
初代・富士市観光親善大使。

静岡県富士市出身。静岡県富士市立田子浦小学校、同市立田子浦中学校卒業。

中学時代は生徒会長を務め、静岡県立富士高等学校に入学する。

静岡県立富士高等学校卒業後、「バンカラにあこがれて」という動機により早稲田大学を目指し2年間の浪人の末、明治学院大学法学部に進学した。

落合信彦の著書に登場する弁護士の存在を知り、「弁護士や検察官など、困っている人を助ける仕事に就きたい。」と思い、大学の法学部に入学。

初の撮影写真が記載された雑誌は『サンデー毎日』である。時に「サムライジャーナリスト」を名乗る

2011年3月から4月にかけて、東日本大震災の被災地である岩手県大船渡市、陸前高田市、宮古市などを取材している。「津波の被害は本当に想像を絶するもの。そこには世界中まわっても見たことのない厳しい現状が広がっており、僕は言葉を失ってしまいました。」と述べた。

2011年3月27日、東京都オリナス錦糸町で、「少しでも役に立ちたい。」と、当初予定していたイベントの代わりに、東日本大震災被災者への募金活動を行った。

ご本人の公式サイトでたくさんの生々しい写真が公開されていました。背筋が凍るほど怖かったです。 日本にいるとまず目にしないものばかりです。渡部陽一さんのような戦場ジャーナリストの方々がいて初めて 知ることができる世界だと思いました。

公式HPへ(刺激が強いので自己責任でお願いします。)
http://yoichi-watanabe.com/




ウーマン中川、左目網膜剥離の完治のために5月下旬に再手術  [芸能]

1月下旬に左目の網膜剥離(はくり)の手術を受けたお笑いコンビ、ウーマンラッシュアワーのツッコミ担当、中川パラダイス(32)が、2回目の手術のため5月下旬に入院することが8日、分かった。

owa14012313350001-p1.jpg

 1月下旬に左目の網膜剥離(はくり)の手術を受けたお笑いコンビ、ウーマンラッシュアワーのツッコミ担当、中川パラダイス(32)が、2回目の手術のため5月下旬に入院することが8日、分かった。

 ウーマンは、昨年12月の年間最強漫才師決定戦「THE MANZAI」で優勝し大ブレーク。だが1月21日、中川は網膜剥離と診断され、24日に手術を受けた。

 29日に退院し、先月2日に仕事復帰した際、完治のため2度目の手術を受けることを明らかにしていたが、日程が5月下旬に決定した。前回同様、都内の病院に1週間程度入院する予定。

 サンケイスポーツにコメントを寄せた中川は「簡単な手術で、終われば完全復活しますので、これからも応援よろしくお願いパ~ラダ~イス!」と持ちギャグでアピール。4月3日からニッポン放送「オールナイトニッポン0(ZERO)」(木曜深夜3・0)のパーソナリティーを務めるが、「ベッドの上から生放送します」と意欲十分。毒舌キャラの相方、村本大輔(33)は「そうなったら僕が1人でラジオをやる!」と戦力外通告した。



中川 パラダイス(1981年4月12日生)は吉本興行所属の芸人。本名:中川和宗(なかがわ たかむね)
ツッコミ担当。立ち位置は向かって右。身長173cm、体重63kg、血液型B型


大阪府出身。大阪府立東豊中高等学校卒業。

2000年NSC入学、大阪NSC23期生。2001年デビュー

学生時代、同級生と漫才をしたことをきっかけに芸人を志す。しかし、デビュー後はオーディションに落ちる日々が続いた。そのため、一度芸人を辞めていた。

2008年9月に、村本とウーマンラッシュアワーを結成する。同年10月に現在の芸名に改名。baseの後輩からはパラダイス兄さん、略してパラ兄と呼ばれている。

2011年12月8日、自身のブログにて知人の紹介で知り合った一般女性と結婚することを発表。翌年1月1日に入籍した。

2012年7月29日、第一子となる長男が誕生した。

2013年12月、『THE MANZAI 2013』にて優勝

最強漫才師決定戦「THE MANZAI」で優勝し大ブレーク

中川パラダイスさん、情報を知ってめっちゃビックリしました。まさかの再手術ですか。 「THE MANZAI」で優勝してこれから注目される芸人さんなので今後の活躍が待ち遠しいです。 無理はなさらず、ゆっくり治療に専念して下さい。早く元気になってくださいね〜



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

/